暴露王が見守る2018函館スプリントSの展望

6月17日に函館競馬場で行われる函館スプリントS。函館競馬場で行われる重賞レースはそれほど多くないので、このレースは多くの競馬ファンに注目されています。
名前の通り1200mで開催され、スピード自慢の馬たちが毎年こぞって出走している状況です。

今年出走予定の馬が一部発表されておりその中には2017年に4連勝し、スプリンターズSで4番人気に推されたダイアナヘイローもいます。この馬は阪急杯で人気薄ながら優勝を果たし、力を持っていることは確かでしょう。父はスプリント戦で才能を開花させたキングヘイロー、母父はグランプリ競走などを制覇したグラスワンダーです。

そしてそのほかにはこれまでに数多くのレース出走経験を誇るティーハーフがいます。今年で8歳になりいまだ元気ですし、前走の鞍馬ステークスでは12番人気ながら優勝するなど活躍しています。

そして最近なかなか勝利できていないアドマイヤゴッドですが、昨年の函館日刊スポーツ杯を制しているので、同じ条件の函館スプリントSはまさにうってつけの舞台でしょう。

夏競馬間近の季節ということもあり独特の盛り上がり方を見せるのが特徴です。レッドファルクス以外、圧倒的な強さを発揮するスプリンターが不在なので、ここを勝利して名乗り出たいところです。

2016年日本ダービーを振り返る

日本ダービーの季節になると過去のダービーの記憶がよみがえるという競馬ファンも多いでしょう。2016年の日本ダービーはマカヒキ、サトノダイヤモンド、そして皐月賞馬のディーマジェスティが注目を浴びていました。皐月賞まではマカヒキ、サトノダイヤモンドの2強と目されていましたがディーマジェスティの台頭により状況は変わり、レース前から非常に盛り上がりを見せていたのを暴露王スタッフも記憶しています。

1番人気から4番人気のリオンディーズまでそれほど人気に差はありませんでしたが、最終的にはマカヒキとサトノダイヤモンドの一騎打ちとなり、鼻差マカヒキが勝利しました。マカヒキ→サトノダイヤモンド→ディーマジェスティという順で決まり、この後マカヒキは凱旋門賞に出走するために渡仏しニエル賞を勝利し、凱旋門賞では残念ながら14着に敗れてしまいました。ダービーで見せた強さを知っている日本の競馬ファンは大きなショックを受けました。

ダービーはマイネルハニーが逃げてプロフェット、アグネスフォルテが続く形で、最後の直線に向くと有力馬たちが外から襲いかかろうとします。残り200mの地点でエアスピネルが先頭に立ちますが、マカヒキがそれを差して先頭に立ち、外からサトノダイヤモンドが追い上げを見せます。そして両馬並んだところがゴール!でした。

暴露王が見守る無敗馬ダノンプレミアムが圧勝!

今年の3歳世代の中で最も注目を集めているのは、2017年の朝日杯FSを制しているダノンプレミアムでしょう。

この馬は現時点で無敗を貫いており、弥生賞でも単勝1.8倍の1番人気でした。他にも無敗馬や強豪馬がいる中で圧倒的な支持をされたというのは本当に素晴らしいことです。
ワグネリアンやオブセッション、ジャンダルムといった馬もいて、当日の中山競馬場は大盛り上がりでした。

まず逃げたのはサンリヴァルで、その後にダノンプレミアムやリビーリング、ジャンダルムなどが続きます。暴露王が注目する中、3コーナーを回って4コーナーに到達するまでにダノンプレミアムがすでに先頭に並びかける勢い。

直線に向くと余裕を持った感じで追い出し、結果的に2着に入ったワグネリアンに1馬身半の差をつけて完勝しました。3着にはGI2着の実績があるジャンダルムが3着に入り、オブセッションは残念ながら7着に敗れてしまいました。

この勝利を受けて早くもダノンプレミアムには三冠馬になるのではないかといった噂が広がっています。三冠馬になるというのはそれほど簡単なものではありませんが、これまでのパフォーマンスを見てみるとその可能性を秘めていることが理解できるでしょう。

ムーア騎手の手腕はさすが!香港ダービーを制覇

世界各国で競馬が開催されていて様々な騎手が活躍しています。そんな中でも特に知名度が高くて高い技術力を示していて、暴露王が注目しているのは、ライアンムーア騎手です。ムーア騎手はヨーロッパを中心に活躍していますが、日本の大レースも制覇しており、もはや日本人の競馬ファンにとってはおなじみのジョッキーの1人でもあります。

世界各地で騎乗しているムーア騎手ですが、3月18日に香港のシャティン競馬場で行われた香港ダービーでピンハイスターに騎乗しました。道中はかなり後ろの方に位置していましたが直線に入って外から豪脚を披露して見事に差し切り勝ちを収めました。さすがムーア騎手だと評価されていますし、またピンハイスター自身も大きな評価を得ています。

2018年は現時点で4戦4勝の負け無しの実績を誇り、もともとはオーストラリアで走っていた競走馬です。
父はNom Du Jeu、母父はEncosta de Lagoであまり日本人に馴染みがない血統ではありますが、今後は大注目したい血統ですね。

香港ダービーは日本やその他の国のダービーとは異なり3歳馬ではなくて4歳馬が挑戦するレースです。
香港4歳シリーズに該当し、近年も名だたる馬が勝利を収めています。

父の名を高めたオウケンムーンが共同通信杯を制覇

2月11日に東京競馬場で行われた共同通信杯は、その時点で無敗だったグレイルが出走しました。グレイルは昨年の京都2歳Sにおいてその後のGI馬のタイムフライヤーを破っているので、1番人気になるのも納得です。そして2番人気にはホープフルSで3着に入った経験を持つステイフーリッシュ、3番人気にはサトノソルタス、4番人気はゴーフォザサミットでした。

暴露王が見守るレースでは、コスモイグナーツが逃げる形で、続いてエイムアンドエンドが続きます。そしてブラゾンダムール、トッカータも中団より前目にいました。

最後の直線に入ってもしばらくの間は逃げるコスモイグナーツが先頭に立ち続けますが、残り200mあたりで一気にオウケンムーンが差し切ります。2番手には3番人気でムーア騎手が騎乗するサトノソルタスが入り、人気薄のエイムアンドエンドが3着でした。

オウケンムーンの父は現役時代に菊花賞を制したオウケンブルースリで、この馬は現在種牡馬としてほとんど期待されていませんでした。しかしオウケンムーンの活躍のおかげで、もしかすると今年以降の種付け数が大幅にアップするかもしれません。デビュー戦こそ敗れはしましたが、それ以降は見事に3連勝を果たしていますので、皐月賞でも面白い存在でしょう。

暴露王を見て・牧場見学をしたい際に気を付けたいこと

競馬に興味を持ち始めると、自然と馬に対する興味もわいてくるものです。日本において馬=北海道なので、夏休みには北海道旅行に訪れ、その際に牧場見学に訪れる人たちも少なくありません。ただしその際には注意すべき点がいくつもあると、暴露王は考えています。きちんと把握しておきましょう。

◆「見学可能かどうかを確認する」
牧場の中には見学不可というところもたくさんあります。
見学可能かどうかを事前にチェックし、必要に応じて予約をすることが大事です。
ある程度スケジューリングを立てた上で旅行に出向かないと、結果的に牧場見学ができなかった…ということになりかねません。

◆「時期や時間帯にも注意しよう」
生産牧場は春シーズンは大忙しになりますし、その他のシーズンも多忙を極めているケースが少なくありません。
牧場によって忙しい時期は多少異なるので確認をして、さらに時間帯にも注意してください。
例えば北海道は冬が近づくと日照時間がかなり短くなるので、牧場見学に訪れようとした時には暗くなっていたということもあります。

これらの他にも「ルールを守る」ことが重要で、馬や働くスタッフに負担がかからないようにすることが大切でしょう。
ルールを守るととても楽しい牧場見学になるでしょう。

武蔵野Sには復活を期すノンコノユメが出走

11月11日に東京競馬場で開催される武蔵野Sには、GI馬が複数頭出走を予定しており、暴露王注目のレースです。
まずはジャパンダートダービーを制しているノンコノユメですが、この馬はチャンピオンズCやフェブラリーSなどでも2着になるなど強さを見せ付けていますが、ここ1年は精彩を欠いています。
今度こそ見事に勝利してスランプから抜け出したいところです。

そしてフェブラリーSを勝っているゴールドドリームも出走予定ですが、この馬もスランプに陥っているので、虎視眈々と優勝を狙っていることでしょう。
それだけではなく2016年のフェブラリーS馬のモーニンも武蔵野S優勝に向けて調整を行っています。

このように多数のGI馬が出走を予定していますが、注目の3歳馬のサンライズノヴァも忘れてはいけません。
今年のユニコーンSを出遅れながら制し、前走のクリーンチャンネルCでは古馬を相手に見事勝ち切っています。

他には今年のフェブラリーSで1番人気に推されながらも敗れてしまったカフジテイクも出走するので、レベルの高い争いが期待されます。

もちろんそれ以外にもベストウォーリア、インカンテーションをはじめとした有力馬が参戦を予定しています。
チャンピオンズCを目指す馬たちの壮絶な争いが巻き起こるでしょう。

暴露王も注目!藤田伸二氏が本格的に騎手復帰へ動き出す?

良くも悪くも話題性のあった藤田伸二騎手。
JRAのGIを複数勝利しており、フサイチコンコルドに騎乗して奇跡のダービージョッキーとなりました。
シルクジャスティスでの有馬記念勝利も印象に残っている人が多いです。
まだまだ若いタイミングで衝撃の引退を発表し、その後は北海道を拠点に活動していたようです。
しかしそんな藤田氏が騎手に復活する意思があるという報道がなされ、実際に地方競馬の騎手試験を受験しました。

まずは一次試験を受けることになりますが、残念ながらここで不合格となってしまい今年の夢は潰えた形です。
来年も試験に臨むのか…と注目されていましたが、どうも本人は一度きりの受験と決めていたようです。
もし地方競馬のジョッキーとして復活すれば盛り上がる事は間違いありませんので残念ですが、騎手試験の公平性を保つためにも、優遇措置はなかったのでしょう。

ちなみに騎手試験の一次試験というのは筆記試験になり、この段階で不合格となってしまう人も多いみたいです。
JRAの騎手として第一線で長い間活躍していた藤田伸二氏なので騎乗技術は文句なしですが、それ以外の部分が足かせとなったようです。
これからもファンが気軽に親しむことができる存在であってほしいと暴露王では願っています。

藤田菜七子が好調!8月だけで4勝を挙げる

デビュー前から圧倒的な注目を浴びていた藤田菜七子騎手。
デビュー1年目は期待されているほど活躍できませんでしたが、ここ最近勝ち星をかなり伸ばしています。
人気薄での勝利も多く、実力をつけてきたと競馬ファンの間でも噂されています。

暴露王が応援してきた中、8月にはJRAのレースだけで4勝を挙げています。
今年のJRAでの勝利数が9勝なので約半数を8月に挙げたことになります。
一気に調子を上げてきているので、9月以降も大きな躍進が期待できるかもしれません。

「コパノ」の冠名でおなじみの小林祥晃氏が藤田菜七子騎手を気に入っているようなので、今後も騎乗を任されるはずです。
また新潟の芝1000メートルでは2勝を挙げていて、2番人気と8番人気での勝利ですから、もしかすると千直のコツをつかんだのかもしれません。
このコースは非常に特徴的で、西田騎手などが得意だといわれていますが、藤田菜七子騎手はそれ以上の存在になる可能性も秘めています。

またJRAだけではなくて地方競馬でも積極的に騎乗していて、実際に8月には勝利を収めているため、地方競馬からの支持も厚くなっています。
若手騎手の中にはもっと成果を残している騎手もいるので、藤田菜七子もこの調子で頑張ってほしいです。

今年の前半のGIを振り返る

2017年の競馬も宝塚記念の週をもって前半戦が終了し、GIレースは「13」行われました。

まずフェブラリーSでは強い4歳世代のゴールドドリームが歴戦の猛者を退ける形で優勝しました。それ以降の成績は芳しくありませんが、ドバイ遠征の疲れが出ているのかもしれん。

そして電撃のスプリント戦でもある高松宮記念が3月に行われ、セイウンコウセイが力強い走りを見せ、良くない馬場状態のコースを駆け抜けました。この馬も最強と言われた4歳世代ですね。

続いて阪神競馬場で開催されたのが大阪杯です。暴露王が見守る過程で昨年まではスーパーG2として有名でしたが、今年からはGIに昇格しました。想像以上に盛り上がり、キタサンブラックが他の馬を寄せ付けずに完勝しました。昨年の有馬記念以来のぶっつけ本番でしたが武豊騎手を背に力を見せつけました。

そして次の週も同じ阪神競馬場で桜花賞が開催され、圧倒的人気のソウルスターリングがまさかの敗戦。勝利したのはレーヌミノルで小倉2歳S以来の勝ち星が桜花賞でした。

中山グランドJは、障害界最強のオジュウチョウサンが貫録勝ちを見せました。
しかしその後故障が発覚し、休養することになりました。

特に大阪杯は全国的に盛り上がりを見せました。