2019フェブラリーSを展望する

2019フェブラリーSを展望する

2月17日に東京競馬場で開催されるフェブラリーSは2019年一発目のJRAのGI競走です。東京ダート1600mが舞台で、今年も豪華メンバーが揃いそうです。
しかしチャンピオンズCを制しているルヴァンスレーヴが故障のため出走できないのは非常に残念ですが、復帰を待っていましょう。

恐らく1番人気になるであろうインティは東海Sでチュウワウィザードなどに圧勝しているため、他の馬以上に注目する人が多いでしょう。そんなインティは父がケイムホーム、母父がNorthern Afleetという血統です。

そしてすでにかなりの実績を収めているゴールドドリームはこのレースの勝ち馬でもありますし、実力があるというのは誰もが認めています。根岸Sで驚異の勝利を見せたコパノキッキングも上位人気が期待されますが、なんと藤田菜七子騎手が騎乗する予定となっているのです。
JRA所属の女性騎手がGIに出走した経験がないので、これが実現されれば史上初となります。ある程度勝つ可能性のある馬ですし、話題性は抜群。暴露王としても注目しています。

その他にも東京大賞典を勝った明け4歳のオメガパフューム、チャンピオンズC3着のサンライズソア、サンライズノヴァ、昨年のこのレースを制しているノンコノユメ、GIをたくさん勝利しているケイティブレイブ、ウェスタールンドなども期待されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>