作成者別アーカイブ: wpadmin

皐月賞はサートゥルナーリアが勝利して無敗継続

4月14日に中山競馬場で行われた皐月賞。牡馬が目指すクラシックレースの初戦であり、三冠馬になるためにはここに出走しなくてはなりません。

今年の1番人気は昨年のホープフルSなどを制覇し、3戦3勝で出走したサートゥルナーリアです。ホープフルSから皐月賞までは前哨戦を使うことなく直行ですが、昨年アーモンドアイはシンザン記念から前哨戦を使わず桜花賞を制覇しているので不安に感じた人はそれほどいないはずです。アーモンドアイとサートゥルナーリアは両方ロードカナロア産駒ですし、またノーザンファームグループが誇る外厩を使っているという点も強みとなっているでしょう。

サートゥルナーリアの単勝オッズは1.7倍で、2番人気のアドマイヤマーズは5.7倍、3番人気のダノンキングリーは5.8倍となっています。4番人気のヴェロックスまでが単勝オッズ10倍以下で、全体的に見てもサートゥルナーリアへの支持は非常に大きいと理解できます。

2番人気のアドマイヤマーズは昨年の朝日杯フューチュリティSを制した馬で、前走の共同通信杯でダノンキングリーに敗れた以外は全勝を誇り、5戦4勝2着1回というほぼパーフェクトな成績を誇っています。3番人気はアドマイヤマーズを破った実績のあるダノンキングリーで、この馬は3戦3勝無敗のまま皐月賞に臨みました。4番人気のヴェロックスは重賞勝利こそありませんが、今年に入り若駒ステークスと若葉ステークスを勝ち、暴露王から見てもまさに勢いに乗っている馬と言えます。

レースがスタートするとまずランスオブプラーナがハナを切ります。それに続いてダディーズマインドやクリノガウディーといった馬たちも前目につけ、ペース自体は平均的な流れでした。しかし途中で後方にいた馬たちが進出を開始し、レースの流れが変化し、3コーナーをカーブし4コーナーに入る頃には複数の馬が先頭に並んでいました。まずヴェロックスが抜け出しにかかりますが、すぐさま外からサートゥルナーリア、内からダノンキングリーが押し寄せてきます。この3頭は僅差での入線となりましたが、サートゥルナーリアがヴェロックスを頭差かわし優勝し、2着のヴェロックスと3着のダノンキングリーはハナ差でした。

実は直線で2着に入ったヴェロックスの進路が狭くなるという事象もあり審議が行われました。これの加害馬として挙げられたのがサートゥルナーリアでしたので、降着の可能性もゼロではありませんでしたが、結果的に着順変更なくサートゥルナーリアが制しています。

桜花賞は暴露王注目のグランレグリアが衝撃の勝利

4月7日に阪神競馬場で開催された桜花賞は今年最初のクラシックレースであり、数多くの競馬ファンが注目していました。昨年は怪物牝馬のアーモンドアイが勝利したことでも話題になり、今年はどのようなドラマが見られるのか期待していたのは暴露王だけではないはずです。

1番人気に推されたのは昨年の阪神ジュベナイルフィリーズを勝利し、チューリップ賞も勝利し4連勝で桜花賞に臨んだダノンファンタジーです。この馬はディープインパクト産駒で、母父がNotForSaleという良血馬で、1番人気に推されて当然の実績を誇ります。

そして2番人気は昨年の朝日杯フューチュリティSに出走し牡馬相手に3着に入ったグランアレグリア。朝日杯フューチュリティSからの直行となりましたので2番人気になりましたが、牡馬混合GIで3着に入るというのは素晴らしいことです。

そして3番人気は阪神ジュベナイルフィリーズで惜しい2着に入り、今年初戦のクイーンCで優勝したクロノジェネシス、4番人気はクロノジェネシスと惜しい競馬をしているビーチサンバでした。レースがスタートすると、人気薄のプールヴィルがまずハナを切り、それに続く形でジュランビル、メイショウケイメイなども前目につけます。2番人気のグランアレグリアも比較的前目につけ、1番人気のダノンファンタジーはその少し後ろという位置取りです。

4コーナーをカーブして最後の直線に入ってまだプールヴィルがギリギリ先頭に立っているものの、すぐ外からグランアレグリアが一気に伸びてきます。グランアレグリアがあっさりと交わして後は後続を突き放す一方という形で、残り200m地点あたりでこの馬の勝利を確信した競馬ファンも多いのではないでしょうか。2着争いは比較的混戦となりましたが、7番人気のシゲルピンクダイヤが優勝馬から2馬身半差離れて2着に入っていますそして上位人気のクロノジェネシスが3着に入り、そのハナ差4着が1番人気のダノンファンタジーです。

上位人気の馬が着順上位にやってきたイメージですが、何よりもこのレースの衝撃はグランアレグリアの勝利でしょう。昨年のアーモンドアイの勝利も驚きましたが、今年のグランアレグリアの勝利も同様にびっくりしたという人も多いのではないでしょうか。

グランアレグリアは次走NHKマイルCに向かい、そしてその後は恐らくオークスには向かわないでしょう。ということはオークスの要素はかなり難しくなりそうですね。

香港チャンピオンズデーに出走した日本馬の成績とレースについて

4月28日に香港のシャティン競馬場において国際的なGIレースが複数行われました。6レースのチェアマンズスプリントプライズには日本からナックビーナスが出走していました。武豊騎手が騎乗していて、最終的には4番人気になっていました。

1番人気は現地香港のビートザクロックで、この馬は今年1月のセンテナリースプリントカップを勝ち、前走のスプリントカップでは2着に敗れています。鞍上は日本でもおなじみのモレイラ騎手で、どんなレースをするのか期待していた人も多いでしょう。2番人気はサンタアナレーン、3番人気はラタンという順で、全部で10頭が出走しました。

ラタンが逃げて、それにナックビーナスが続き、4コーナーをカーブして最後の直線に入っても逃げるラタンが頑張ります。しかし外から1番人気のビートザクロックが迫りゴール前でしっかりと交わし、それ以外にも香港のリトルジャイアントが強襲して3着に入っています。日本代表のナックビーナスは残念ながら6着に敗れてしまいましたが、素晴らしいレースを見せてくれました。

そしてクイーンエリザベス2世Cには日本からもウインブライト、リスグラシュー、ディアドラが参戦し、それぞれ4番人気2番人気、3番人気でした。1番人気は現地香港のエグザルタントで、香港ヴァーズやセンテナリーヴァーズ、香港ゴールドCを3連勝し臨んできました。

レースがスタートしてムラ馬のパキスタンスターが逃げの手に出て、それに続いてタイムワープ、サザンレジェンドといった形。各馬道中はそれほど大きな動きをすることなく3コーナーを回り、4コーナーにかかるあたりで動きが激しくなります。日本のウインブライトが直線半ばで先頭に立つと、そのまま押し切り、圧倒的1番人気のエグザルタントを2着に退けています。3着にはリスグラシューが入り、ディアドラは6着という結果でした。

そして日本馬の出走こそありませんでしたが、チャンピオンズマイルも開催されました。このレースには最大注目馬のビューティージェネレーションが出走していて、なんと現地での単勝オッズは1.0倍ですから驚きます。スピードの違いからか逃げ、4コーナーを回って直線に入っても全く本気を出すことなく力を見せ付けます。かなりの余裕を持ったままゴールインし、本気で追われることはありませんでした。

香港チャンピオンズデーは一日の間に複数の大きなGIレースが行われるので暴露王もかなり注目していました。とても楽しく、素晴らしい日となりました。

4月末時点で川田騎手がリーディング爆走中

JRAの競馬は基本的に土曜日と日曜日に開催されており、各競馬場で12レースずつ開催されます。馬に騎乗してより良い成績を収めるのが騎手の役目ですが、ここ最近はルメール騎手など外国人ジョッキーの活躍により、日本人がリーディングジョッキーの座を獲得できずにいます。

一昔前は武豊騎手がリーディングジョッキーを獲得するのが当たり前の時代が続きましたが、その後地方競馬出身の騎手の台頭などによってその状況が変わりつつありました。ルメール騎手とデムーロ騎手が正式にJRA所属の騎手となり数年経過しましたが、JRA騎手として2人の外国人がデビューしてからというもの、より日本人騎手の活躍の場は狭まってしまったようです。

実際にそれは勝ち星を見ても理解することができ、例えば昨年のリーディングジョッキーは215勝を挙げたルメール騎手、2位が153勝のデムーロ騎手、3位が日本人の戸崎騎手で115勝となっています。2019年もこの状況が続くであろうと多くの競馬ファンが予想していたと思われますが、4月末時点での成績は驚くことに予想を裏切るものでした。

4月末時点のリーディングジョッキーは栗東所属の川田騎手で58勝。それに続いて昨年のリーディングジョッキーでもあるルメール騎手が43勝、3位が42勝で武豊騎手、デムーロ騎手は39勝に甘んじています。
川田騎手が勝ち鞍数で一歩抜けている状態であり、ルメール騎手とデムーロ騎手をはじめとした2位以下のジョッキーは接戦状態です。これは川田騎手が4月後半に騎乗停止処分を受けてしまっての数字なので、この処分がなければより勝ちクラスを伸ばしていたでしょう。

まだまだ4月が終わった段階であり、1年の半分も過ぎていません。ですので今も外国人ジョッキーや武豊騎手などが川田騎手を抜かす可能性もありますが、川田騎手の勝率は0.276とすさまじく、この数字はルメール騎手や武豊騎手、デムーロ騎手をも圧倒的に超えています。

昨年のルメール騎手の勝率が0.278、デムーロ騎手が0.239ですが、4月末時点では2人とも0.2を下回っています。確かに2019年になってもより良い成績を収めている両者ですが、例年に比べると満足のいくものではないでしょう。特にデムーロ騎手の場合は不調が続いているように思え、平場のみならず得意のGIにおいてもその不調さが顕著に表れています。

過去に川田騎手はリーディングジョッキーの座に就いたことはないので、2019年こそはという思いで騎乗しているのではないでしょうか。暴露王も川田騎手の活躍に期待しています。

2019京都新聞杯の有力馬をチェック

5月に行われる暴露王期待の京都新聞杯は日本ダービーの前哨戦としても知られるG2競走です。もともとは秋の時期に開催されて菊花賞の前哨戦として機能していましたが、今の時期に移されています。

例えば2013年には日本ダービーを制することになるキズナが京都新聞杯で見事な追い込み勝ちを決めています。キズナの他にも2004年にはハーツクライ、秋から春に移動された2000年にはアグネスフライトが制しています。

2019年の京都新聞杯に出走する予定の馬の中で注目しなくてはならない馬はブレイキングドーンでしょう。この馬は皐月賞では11着に敗れてしまいましたが、弥生賞3着、昨年のホープフルS5着、京都2歳S2着という実績を収めているので怖い存在です。父はヴィクトワールピサ、母父はホワイトマズルという血統です。

その他には松山騎手が騎乗する予定のタガノディアマンテも上位人気になるでしょう。この馬はきさらぎ賞でダノンチェイサーの2着に敗れましたが、皐月賞では6着に入っています。父は三冠馬のオルフェーヴル、母父はキングカメハメハという血統で、ぜひとも京都新聞杯を勝ってダービーに駒を進めたいところです。

他には武豊騎手が騎乗予定のトーセンスカイも面白い存在です。2戦1勝で主な勝利は3歳未勝利戦のみですが、注目される存在となりそうです。父は島川隆哉氏が所有していたトーセンラーなので、その産駒で夢のダービーを目指すというのはオーナーブリーダーならではの醍醐味ですよね。

もちろんこれらの他にも有力馬はおり、外国人ジョッキーのアブドゥラ騎手が騎乗する予定のサトノソロモンは、新馬戦と大寒桜賞を連勝しています。2戦2勝の無敗で挑むだけでなく、大寒桜賞で破ったリオンリオンが4月後半の青葉賞を制しているのでもしかすると上位人気になるかもしれません。

そしてスプリングSで2番人気になったロジャーバローズ、未勝利戦とアザレア賞を連勝中のヒーリングマインド、良血のフランクリンなどにも注目していただきたいです。京都新聞杯は単なるG2レースではなく、ダービーの最終チケットを獲得できる場でもあるので、各馬の陣営は虎視眈々と狙っているでしょう。京都新聞杯は2200mで行われますが、これまでにこの距離の使ったことがない馬がほとんどなので、その点も踏まえた上で馬券予想の検討をしたいです。

秋から春の開催に変わって注目度が下がった京都新聞杯ですが、今年も活躍馬を輩出して、再びスーパーG2として機能して欲しいです。

ばんえい記念は暴露王期待のセンゴクエースが見事戴冠

競馬といえば平地のレースばかりが連想されていて、最近ではオジュウチョウサンのおかげで障害レースも注目を集めるようになりました。しかし世界で唯一のばんえい競馬にはなかなかスポットライトが集まりにくい状況です。ばんえい競馬といえばサラブレッドではなくて、より大きな馬がそりを引いて競い合います。

そのばんえい競馬の中で最も大きなレースがばんえい記念になります。ばんえい記念は3歳以上の馬が出走することが可能であって、レースの格はBG1(ばんえいGI)に位置付けられています。JRAのレースにおける有馬記念のような存在であり、年度終わりに開催がなされます。4歳と5歳の馬は990キロのソリをひき、6歳以上は1トン、そして牝馬20㎏減となっています。重いそりをひくので迫力ある見応えあるレースを観戦するために全国各地から訪れるファンも多いです。

今年は3月24日に帯広競馬場でばんえい記念が開催され、1番人気はディフェンディングチャンピオンのオレノココロでした。2番人気にはセンゴクエースが推されました。3番人気はフジダイビクトリー、4番人気はコウシュハウンカイという順でした。

結果的に2番人気のセンゴクエースがオレノココロを2着に退ける形で優勝し、見事制しています。センゴクエースは今年が初めてのばんえい記念への挑戦であり、初めてのチャレンジでチャンスをものにしました。

今シーズンは複数勝利しているものの重賞自体は勝てていませんでしたので、ばんえい記念の勝利は関係者も本当に嬉しかったと思います。サラブレッドとは異なりばんえい競馬で競走している馬たちは7歳という年齢は決して不利にはなりません。センゴクエースは7歳ですし、オレノココロは9歳、コウシュハウンカイは9歳、そして3番人気のフジダイビクトリーは11歳です。

まさに強豪ぞろいとなったレースを制したセンゴクエースは父がウンカイ、母父がダイヤテンリユウという血統で、槻舘重人調教師が管理しています。ばんえい記念で騎乗していたのは名手工藤篤騎手ですね。

ちなみにばんえい記念が終了して少しの間ばんえい競馬はお休みに入ります。基本的にばんえい競馬は土曜・日曜・月曜に開催されています。サラブレッドによる競馬とはまた一味違った迫力あるレースを楽しむことが可能です。今年の4月以降もセンゴクエースやオレノココロをはじめとしたばんえい競馬の猛者たちの真剣勝負を楽しみたいです。

2019皐月賞、出走予定馬をチェック

4月14日に中山競馬場で開催される皐月賞は過去に名だたる馬が出走してきました。
複数の有力馬がいますが特に注目されているのが、昨年末のホープフルSを制しているサートゥルナーリアです。
この馬はアーモンドアイと同じロードカナロアを父に持ち、現在3戦3勝の無敗です。
デムーロ騎手からルメール騎手に乗り替わってしまうものの、ルメール騎手も超一流ジョッキーなのでその点は問題ないでしょう。

そして2番人気が予想されているのが同じく3戦3勝で、前走は共同通信杯を勝っているダノンキングリーです。
この馬は共同通信杯で無敗で朝日杯フューチュリティSを優勝したアドマイヤマーズを破っているので実績も十分です。
父はディープインパクト、母父はStorm Catという血統で、まさに黄金配合といえそうです。

それら以外にも若葉ステークスを勝っているヴェロックスもいますし、共同通信杯で2着に敗れているアドマイヤマーズも怖い存在でしょう。
その他にもすみれSの優勝馬のサトノルークス、2歳時にかなりの力を発揮しているニシノデイジーにもチャンスがあります。

もちろん皐月賞の前哨戦のスプリングSの勝ち馬のエメラルファイトがあっと言わせてもおかしくありません。
スプリングSはまさかの10番人気での勝利でしたし、皐月賞でも伏兵扱いされると思います。
父がクロフネ、母父がスペシャルウィークという血統のため一部の競馬ファンから熱烈な応援がなされそうです。

そして忘れてはいけないのが昨年の朝日杯フューチュリティSを勝ち、最優秀2歳牡馬に選ばれたアドマイヤマーズです。
年明け初戦の共同通信杯こそ敗れてしまいましたが、スタート時に接触があったため本番の皐月賞では巻き返してくれることでしょう。
サートゥルナーリアを負かすためにデムーロ騎手も本気で挑んでくると思います。
アドマイヤマーズは父がダイワメジャーで、母父がMediceanという血統。
ダイワメジャーは現役時代には皐月賞を制しているので、ここを勝つようであれば親子2代制覇が成し遂げられます。

意外と忘れてしまいがちなのが弥生賞を勝っているメイショウテンゲンです。
どうしても地味なイメージが付きまとってしまいますが、シュヴァルツリーゼに勝った弥生賞は圧巻でした。
それにシュヴァルツリーゼも1戦1勝で臨んだ前哨戦の弥生賞では惜しい2着でしたから、経験を積んでさらにパフォーマンスを高めてくれそうですよね。暴露王は非常に期待しています。

クイーンズシルヴァーシュビリーC・香港金盃を終えて

香港の競馬は世界的に見てもレベルが高いといえ、特に短距離路線は日本以上に高レベルといえる時期もあります。そんな香港競馬ですが、2月には国際的に知られる2つのGIレースが開催されました。クイーンズシルヴァージュビリーCと香港金盃ですが、前者が芝1400m、後者が芝2000mで行われ、どちらもシャティン競馬場での開催です。

まずクイーンズシルヴァージュビリーCですが、香港最強短距離馬といっても過言ではないビューティージェネレーションが挑戦しました。現在2018年4月のチャンピオンズマイルから今年1月のスチュワーズCまで驚異の6連勝中で、昨年の香港マイルではヴィブロスを破っています。当然今回も1番人気に推され、Z.パートン騎手を鞍上に1:21.03のタイムで勝利しています。

2着には1月のセンテナリースプリントCを優勝して昨年の香港スプリントで3着に入っているビートザクロックが入っているのですが、この馬は前走で香港スプリントの勝ち馬でもあるミスタースタニングを破っているわけなので、その馬に勝利したビューティージェネレーションの強さが際立っていたといえるでしょう。ビューティージェネレーションとビートザクロックの着差は1馬身4分の3差であり、3着には3番人気のConteが入っています。

このレースはすべての馬がセン馬ということでも注目を浴び、最も若い馬で6歳、最も年齢を重ねているビューティーオンリーが8歳という平均年齢高めのレースでした。恐らくビューティージェネレーションは今後も香港の短距離路線で大活躍すると思いますが、いつか日本の安田記念にも遠征に来てくれることを暴露王は期待しています。

そして同じ2月17日に香港金盃が開催され、このレースには昨年の香港ヴァーズを制したエグザルタントも出走していました。当然1番人気であり、この馬は1月のセンテナリーヴァ―ズも勝利し、3歳時には一時期アイルランドやイギリスでも走っていた経験があり、アイルランドの2000ギニーで3着に入っています。まだまだ5歳と若く中距離路線で活躍し続けられる見込みもあり、香港金盃でも期待されていました。

結果はエグザルタントが11番人気で2着に入ったSouthern Legendに1馬身半の差をつける完勝であり、3着には日本でもおなじみのモレイラ騎手が騎乗するDinozzoが入っています。勝ったエグザルタントのジョッキーはまたもやZ.パートン騎手であり、この馬の父はガリレオ産駒のTeofilo、母父はダルシャーン産駒のMarkofEsteemです。

きさらぎ賞・共同通信杯の結果について

3歳馬限定の重賞レースでもあるきさらぎ賞・共同通信杯がそれぞれ2月3日、2月10日に行われました。両方のレースともクラシックを占う意味で重要度が高いと言われており、レース前から注目を集めていました。

まずきさらぎ賞は1番人気が、ホープフルSでは直線で不利を受けてしまったヴァンドギャルド。今回きさらぎ賞では問題なく走ればあっさりと勝つと思っていた人も多いようで、それは単勝オッズ2.0倍というオッズにも表れていました。2番人気は重賞勝ちこそありませんが東京スポーツ杯2歳Sで2着に入っているアガラスが推され、3番人気は前走の500万条件を勝ち上がったダノンチェイサーでした。ダノンチェイサーは2017年のセレクトセールで2億7000万円で落札された期待馬であり、デビュー前から大きな話題になっていました。

レースはランスオブプラーナがハナを切り、少し間が開いてダノンチェイサー、ヴァンドギャルドと人気の馬たちがつけます。出走頭数自体が全部で8頭と少なかったものの、ハナを切ったランスオブプラーナと最後方に位置したタガノディアマンテが集団の馬たちから離れていたので比較的縦長となりました。3コーナーを回り4コーナーを回って直線に入ったところでも、まだまだ逃げるランスオブプラーナのリードはかなりありました。しかし1頭ダノンチェイサーが猛然と追いかけてかわし去り先頭に立つと、その後タガノディアマンテもランスオブプラーナをかわして勝利。1番人気のヴァンドギャルドは残念ながら4着に敗れてしまいました。

そして共同通信杯は1番人気が朝日杯フューチュリティS優勝馬のアドマイヤマーズ、2番人気がフォッサマグナ、3番人気が2戦2勝で無敗のダノンキングリーでした。このレースは7頭立てと少頭数でしたが、逃げたのは1番人気のアドマイヤマーズ。2番手に続くのはルメール騎手が騎乗する2番人気のフォッサマグナ、そして3番手にはダノンキングリーといった展開です。スタート時に接触があるなどしましたが、最終的には無敗のダノンキングリーが人気のアドマイヤマーズを破り大金星。アドマイヤマーズは2着に敗れてしまい、3着には4番人気のクラージュゲリエが入っています。

共同通信杯はアドマイヤマーズが敗れてしまいましたがこれはスタート時の接触などが響いた可能性もあるため、再戦すると結果が変わる可能性も大いにあるでしょう。本番はまだ先のクラシックレースなので今から楽しみですよね。暴露王も、今後とも注目しています。

エンプレス杯はプリンシアコメータが勝利

指定交流競走のエンプレス杯が2月27日に川崎競馬場で開催されました。このレースは牝馬限定戦のレースであり、JRA所属の馬が5頭、そして地方馬が8頭出走していました。1番人気に推されたのはJRA所属のビスカリアですが、騎乗したのは地方所属の森泰斗ジョッキーでした。前走のTCK女王盃でもコンビを組んでおり見事勝利に導いていたため、エンプレス杯でも期待がされていたわけです。

2番人気はレディースプレリュードやクイーン賞を勝利しているプリンシアコメータ、3番人気は2018年のTCK女王盃を勝ち、若い頃は芝を主に走っていたミッシングリンクでした。昨年のエンプレス杯の3着馬のサルサディオーネが4番人気に入り、この馬は3歳時にレパードステークスで12番人気ながら2着に入る好走も見せています。

基本的にはJRA勢が上位人気を独占した形ですが、そんな中船橋競馬所属のクロスウィンドが、5番人気に支持されました。昨年秋に行われたロジータ記念を勝利し、その他にも王冠賞やハートビートレディーを制し、今回は相棒の矢野貴之騎手と挑んできました。

天気は曇りだったのですが、馬場は良馬場で開催されました。スタートを切るとすぐに地方所属馬のクレイジーアクセルがハナを切る形となり、それに続いてプリンシアコメータという展開です。レースが始まって比較的早い段階で縦長の状態となりましたが、レースが中盤に差し掛かるあたりで後方にいる馬を除いて馬群が凝縮し始めます。そして逃げるクレイジーアクセルの勢いに陰りが見られ始め、2番手にいたプリンシアコメータが先頭に立ちます。2周目3コーナーを回る頃には相変わらずプリンシアコメータが先頭に立っていますが、外から1番人気のビスカリアとミッシングリンクが先頭めがけて追い始めます。

4コーナーをカーブして最後の直線に入ると、プリンシアコメータが悠々とトップを走り続けますが、外から大井競馬所属のブランシェクールもすごい脚で追い込んできます。ただ勝利を収めたのはJRAのプリンシアコメータであり、大井のブランシェクールは8番人気ながら2着に入り暴露王も驚くプチ波乱を演出してくれました。3着には1番人気のビスカリアが入って、3連単の払い戻し金額は33,530円でした。

勝利したプリンシアコメータは今回の馬体重がマイナス18kgだったので不安の声も聞かれましたが、そういった声を跳ね返す素晴らしい勝利でしたね。