エンプレス杯はプリンシアコメータが勝利

指定交流競走のエンプレス杯が2月27日に川崎競馬場で開催されました。このレースは牝馬限定戦のレースであり、JRA所属の馬が5頭、そして地方馬が8頭出走していました。1番人気に推されたのはJRA所属のビスカリアですが、騎乗したのは地方所属の森泰斗ジョッキーでした。前走のTCK女王盃でもコンビを組んでおり見事勝利に導いていたため、エンプレス杯でも期待がされていたわけです。

2番人気はレディースプレリュードやクイーン賞を勝利しているプリンシアコメータ、3番人気は2018年のTCK女王盃を勝ち、若い頃は芝を主に走っていたミッシングリンクでした。昨年のエンプレス杯の3着馬のサルサディオーネが4番人気に入り、この馬は3歳時にレパードステークスで12番人気ながら2着に入る好走も見せています。

基本的にはJRA勢が上位人気を独占した形ですが、そんな中船橋競馬所属のクロスウィンドが、5番人気に支持されました。昨年秋に行われたロジータ記念を勝利し、その他にも王冠賞やハートビートレディーを制し、今回は相棒の矢野貴之騎手と挑んできました。

天気は曇りだったのですが、馬場は良馬場で開催されました。スタートを切るとすぐに地方所属馬のクレイジーアクセルがハナを切る形となり、それに続いてプリンシアコメータという展開です。レースが始まって比較的早い段階で縦長の状態となりましたが、レースが中盤に差し掛かるあたりで後方にいる馬を除いて馬群が凝縮し始めます。そして逃げるクレイジーアクセルの勢いに陰りが見られ始め、2番手にいたプリンシアコメータが先頭に立ちます。2周目3コーナーを回る頃には相変わらずプリンシアコメータが先頭に立っていますが、外から1番人気のビスカリアとミッシングリンクが先頭めがけて追い始めます。

4コーナーをカーブして最後の直線に入ると、プリンシアコメータが悠々とトップを走り続けますが、外から大井競馬所属のブランシェクールもすごい脚で追い込んできます。ただ勝利を収めたのはJRAのプリンシアコメータであり、大井のブランシェクールは8番人気ながら2着に入り暴露王も驚くプチ波乱を演出してくれました。3着には1番人気のビスカリアが入って、3連単の払い戻し金額は33,530円でした。

勝利したプリンシアコメータは今回の馬体重がマイナス18kgだったので不安の声も聞かれましたが、そういった声を跳ね返す素晴らしい勝利でしたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>