きさらぎ賞・共同通信杯の結果について

3歳馬限定の重賞レースでもあるきさらぎ賞・共同通信杯がそれぞれ2月3日、2月10日に行われました。両方のレースともクラシックを占う意味で重要度が高いと言われており、レース前から注目を集めていました。

まずきさらぎ賞は1番人気が、ホープフルSでは直線で不利を受けてしまったヴァンドギャルド。今回きさらぎ賞では問題なく走ればあっさりと勝つと思っていた人も多いようで、それは単勝オッズ2.0倍というオッズにも表れていました。2番人気は重賞勝ちこそありませんが東京スポーツ杯2歳Sで2着に入っているアガラスが推され、3番人気は前走の500万条件を勝ち上がったダノンチェイサーでした。ダノンチェイサーは2017年のセレクトセールで2億7000万円で落札された期待馬であり、デビュー前から大きな話題になっていました。

レースはランスオブプラーナがハナを切り、少し間が開いてダノンチェイサー、ヴァンドギャルドと人気の馬たちがつけます。出走頭数自体が全部で8頭と少なかったものの、ハナを切ったランスオブプラーナと最後方に位置したタガノディアマンテが集団の馬たちから離れていたので比較的縦長となりました。3コーナーを回り4コーナーを回って直線に入ったところでも、まだまだ逃げるランスオブプラーナのリードはかなりありました。しかし1頭ダノンチェイサーが猛然と追いかけてかわし去り先頭に立つと、その後タガノディアマンテもランスオブプラーナをかわして勝利。1番人気のヴァンドギャルドは残念ながら4着に敗れてしまいました。

そして共同通信杯は1番人気が朝日杯フューチュリティS優勝馬のアドマイヤマーズ、2番人気がフォッサマグナ、3番人気が2戦2勝で無敗のダノンキングリーでした。このレースは7頭立てと少頭数でしたが、逃げたのは1番人気のアドマイヤマーズ。2番手に続くのはルメール騎手が騎乗する2番人気のフォッサマグナ、そして3番手にはダノンキングリーといった展開です。スタート時に接触があるなどしましたが、最終的には無敗のダノンキングリーが人気のアドマイヤマーズを破り大金星。アドマイヤマーズは2着に敗れてしまい、3着には4番人気のクラージュゲリエが入っています。

共同通信杯はアドマイヤマーズが敗れてしまいましたがこれはスタート時の接触などが響いた可能性もあるため、再戦すると結果が変わる可能性も大いにあるでしょう。本番はまだ先のクラシックレースなので今から楽しみですよね。暴露王も、今後とも注目しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>