クイーンズシルヴァーシュビリーC・香港金盃を終えて

香港の競馬は世界的に見てもレベルが高いといえ、特に短距離路線は日本以上に高レベルといえる時期もあります。そんな香港競馬ですが、2月には国際的に知られる2つのGIレースが開催されました。クイーンズシルヴァージュビリーCと香港金盃ですが、前者が芝1400m、後者が芝2000mで行われ、どちらもシャティン競馬場での開催です。

まずクイーンズシルヴァージュビリーCですが、香港最強短距離馬といっても過言ではないビューティージェネレーションが挑戦しました。現在2018年4月のチャンピオンズマイルから今年1月のスチュワーズCまで驚異の6連勝中で、昨年の香港マイルではヴィブロスを破っています。当然今回も1番人気に推され、Z.パートン騎手を鞍上に1:21.03のタイムで勝利しています。

2着には1月のセンテナリースプリントCを優勝して昨年の香港スプリントで3着に入っているビートザクロックが入っているのですが、この馬は前走で香港スプリントの勝ち馬でもあるミスタースタニングを破っているわけなので、その馬に勝利したビューティージェネレーションの強さが際立っていたといえるでしょう。ビューティージェネレーションとビートザクロックの着差は1馬身4分の3差であり、3着には3番人気のConteが入っています。

このレースはすべての馬がセン馬ということでも注目を浴び、最も若い馬で6歳、最も年齢を重ねているビューティーオンリーが8歳という平均年齢高めのレースでした。恐らくビューティージェネレーションは今後も香港の短距離路線で大活躍すると思いますが、いつか日本の安田記念にも遠征に来てくれることを暴露王は期待しています。

そして同じ2月17日に香港金盃が開催され、このレースには昨年の香港ヴァーズを制したエグザルタントも出走していました。当然1番人気であり、この馬は1月のセンテナリーヴァ―ズも勝利し、3歳時には一時期アイルランドやイギリスでも走っていた経験があり、アイルランドの2000ギニーで3着に入っています。まだまだ5歳と若く中距離路線で活躍し続けられる見込みもあり、香港金盃でも期待されていました。

結果はエグザルタントが11番人気で2着に入ったSouthern Legendに1馬身半の差をつける完勝であり、3着には日本でもおなじみのモレイラ騎手が騎乗するDinozzoが入っています。勝ったエグザルタントのジョッキーはまたもやZ.パートン騎手であり、この馬の父はガリレオ産駒のTeofilo、母父はダルシャーン産駒のMarkofEsteemです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>