4月末時点で川田騎手がリーディング爆走中

JRAの競馬は基本的に土曜日と日曜日に開催されており、各競馬場で12レースずつ開催されます。馬に騎乗してより良い成績を収めるのが騎手の役目ですが、ここ最近はルメール騎手など外国人ジョッキーの活躍により、日本人がリーディングジョッキーの座を獲得できずにいます。

一昔前は武豊騎手がリーディングジョッキーを獲得するのが当たり前の時代が続きましたが、その後地方競馬出身の騎手の台頭などによってその状況が変わりつつありました。ルメール騎手とデムーロ騎手が正式にJRA所属の騎手となり数年経過しましたが、JRA騎手として2人の外国人がデビューしてからというもの、より日本人騎手の活躍の場は狭まってしまったようです。

実際にそれは勝ち星を見ても理解することができ、例えば昨年のリーディングジョッキーは215勝を挙げたルメール騎手、2位が153勝のデムーロ騎手、3位が日本人の戸崎騎手で115勝となっています。2019年もこの状況が続くであろうと多くの競馬ファンが予想していたと思われますが、4月末時点での成績は驚くことに予想を裏切るものでした。

4月末時点のリーディングジョッキーは栗東所属の川田騎手で58勝。それに続いて昨年のリーディングジョッキーでもあるルメール騎手が43勝、3位が42勝で武豊騎手、デムーロ騎手は39勝に甘んじています。
川田騎手が勝ち鞍数で一歩抜けている状態であり、ルメール騎手とデムーロ騎手をはじめとした2位以下のジョッキーは接戦状態です。これは川田騎手が4月後半に騎乗停止処分を受けてしまっての数字なので、この処分がなければより勝ちクラスを伸ばしていたでしょう。

まだまだ4月が終わった段階であり、1年の半分も過ぎていません。ですので今も外国人ジョッキーや武豊騎手などが川田騎手を抜かす可能性もありますが、川田騎手の勝率は0.276とすさまじく、この数字はルメール騎手や武豊騎手、デムーロ騎手をも圧倒的に超えています。

昨年のルメール騎手の勝率が0.278、デムーロ騎手が0.239ですが、4月末時点では2人とも0.2を下回っています。確かに2019年になってもより良い成績を収めている両者ですが、例年に比べると満足のいくものではないでしょう。特にデムーロ騎手の場合は不調が続いているように思え、平場のみならず得意のGIにおいてもその不調さが顕著に表れています。

過去に川田騎手はリーディングジョッキーの座に就いたことはないので、2019年こそはという思いで騎乗しているのではないでしょうか。暴露王も川田騎手の活躍に期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>