桜花賞は暴露王注目のグランレグリアが衝撃の勝利

4月7日に阪神競馬場で開催された桜花賞は今年最初のクラシックレースであり、数多くの競馬ファンが注目していました。昨年は怪物牝馬のアーモンドアイが勝利したことでも話題になり、今年はどのようなドラマが見られるのか期待していたのは暴露王だけではないはずです。

1番人気に推されたのは昨年の阪神ジュベナイルフィリーズを勝利し、チューリップ賞も勝利し4連勝で桜花賞に臨んだダノンファンタジーです。この馬はディープインパクト産駒で、母父がNotForSaleという良血馬で、1番人気に推されて当然の実績を誇ります。

そして2番人気は昨年の朝日杯フューチュリティSに出走し牡馬相手に3着に入ったグランアレグリア。朝日杯フューチュリティSからの直行となりましたので2番人気になりましたが、牡馬混合GIで3着に入るというのは素晴らしいことです。

そして3番人気は阪神ジュベナイルフィリーズで惜しい2着に入り、今年初戦のクイーンCで優勝したクロノジェネシス、4番人気はクロノジェネシスと惜しい競馬をしているビーチサンバでした。レースがスタートすると、人気薄のプールヴィルがまずハナを切り、それに続く形でジュランビル、メイショウケイメイなども前目につけます。2番人気のグランアレグリアも比較的前目につけ、1番人気のダノンファンタジーはその少し後ろという位置取りです。

4コーナーをカーブして最後の直線に入ってまだプールヴィルがギリギリ先頭に立っているものの、すぐ外からグランアレグリアが一気に伸びてきます。グランアレグリアがあっさりと交わして後は後続を突き放す一方という形で、残り200m地点あたりでこの馬の勝利を確信した競馬ファンも多いのではないでしょうか。2着争いは比較的混戦となりましたが、7番人気のシゲルピンクダイヤが優勝馬から2馬身半差離れて2着に入っていますそして上位人気のクロノジェネシスが3着に入り、そのハナ差4着が1番人気のダノンファンタジーです。

上位人気の馬が着順上位にやってきたイメージですが、何よりもこのレースの衝撃はグランアレグリアの勝利でしょう。昨年のアーモンドアイの勝利も驚きましたが、今年のグランアレグリアの勝利も同様にびっくりしたという人も多いのではないでしょうか。

グランアレグリアは次走NHKマイルCに向かい、そしてその後は恐らくオークスには向かわないでしょう。ということはオークスの要素はかなり難しくなりそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>