皐月賞はサートゥルナーリアが勝利して無敗継続

4月14日に中山競馬場で行われた皐月賞。牡馬が目指すクラシックレースの初戦であり、三冠馬になるためにはここに出走しなくてはなりません。

今年の1番人気は昨年のホープフルSなどを制覇し、3戦3勝で出走したサートゥルナーリアです。ホープフルSから皐月賞までは前哨戦を使うことなく直行ですが、昨年アーモンドアイはシンザン記念から前哨戦を使わず桜花賞を制覇しているので不安に感じた人はそれほどいないはずです。アーモンドアイとサートゥルナーリアは両方ロードカナロア産駒ですし、またノーザンファームグループが誇る外厩を使っているという点も強みとなっているでしょう。

サートゥルナーリアの単勝オッズは1.7倍で、2番人気のアドマイヤマーズは5.7倍、3番人気のダノンキングリーは5.8倍となっています。4番人気のヴェロックスまでが単勝オッズ10倍以下で、全体的に見てもサートゥルナーリアへの支持は非常に大きいと理解できます。

2番人気のアドマイヤマーズは昨年の朝日杯フューチュリティSを制した馬で、前走の共同通信杯でダノンキングリーに敗れた以外は全勝を誇り、5戦4勝2着1回というほぼパーフェクトな成績を誇っています。3番人気はアドマイヤマーズを破った実績のあるダノンキングリーで、この馬は3戦3勝無敗のまま皐月賞に臨みました。4番人気のヴェロックスは重賞勝利こそありませんが、今年に入り若駒ステークスと若葉ステークスを勝ち、暴露王から見てもまさに勢いに乗っている馬と言えます。

レースがスタートするとまずランスオブプラーナがハナを切ります。それに続いてダディーズマインドやクリノガウディーといった馬たちも前目につけ、ペース自体は平均的な流れでした。しかし途中で後方にいた馬たちが進出を開始し、レースの流れが変化し、3コーナーをカーブし4コーナーに入る頃には複数の馬が先頭に並んでいました。まずヴェロックスが抜け出しにかかりますが、すぐさま外からサートゥルナーリア、内からダノンキングリーが押し寄せてきます。この3頭は僅差での入線となりましたが、サートゥルナーリアがヴェロックスを頭差かわし優勝し、2着のヴェロックスと3着のダノンキングリーはハナ差でした。

実は直線で2着に入ったヴェロックスの進路が狭くなるという事象もあり審議が行われました。これの加害馬として挙げられたのがサートゥルナーリアでしたので、降着の可能性もゼロではありませんでしたが、結果的に着順変更なくサートゥルナーリアが制しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>