6月の競馬ニュース(馬・レース・騎手編)

世界中で行われている競馬。日本がGIシーズンに湧いた時期は海外も同じように盛り上がりを見せていました。

暴露王が注目したいのは6月8日にアメリカのベルモントパーク競馬場で行われたエイコーンSです。このレースはニューヨーク牝馬三冠レースの初戦でもあるため知名度も高いです。ここに出走した馬の中に1戦1勝のグアラナがいました。デビュー戦はダート6.5Fに出走し、なんと2着に14馬身以上をつける圧勝を演じて、2戦目にしてGI挑戦を果たしました。結果的にこのエイコーンSを勝ちましたが、日本で言うと1戦1勝の馬が桜花賞に勝つようなものです。父はゴーストザッパーという血統で、今後の動向に注目しておきましょう。

そして日本のコパノキッキングが今年のブリーダーズCスプリントに出走する可能性があると6月下旬に報じられました。ブリーダーズCは11月2日にアメリカのサンタアニタパーク競馬場で開催され、もしかするとブリーダーズCでも藤田菜七子騎手が騎乗するかもしれませんね。初めての海外遠征となりますが、この馬の末脚はかなりのものがあるので楽しみです。

それ以外の馬に関するニュースとしては、2019年度の顕彰馬選定記者投票の結果に関するものもあります。毎年顕彰馬選定の投票が行われていて、今年も開催されました。

キタサンブラックが140票を獲得し得票率は72.5%を記録し、惜しくも顕彰馬を逃しました。GIを7勝していて、なおかつ世間に様々な影響を与えたことも考慮すると顕彰馬に選ばれてもおかしくはないと思います。ただキタサンブラックにもまだチャンスもあるので、来年あたりに顕彰馬に選定される可能性もあります。キタサンブラックの他にはブエナビスタが94票、モーリスが89票、スペシャルウィークか88票となっています。ちなみに顕彰馬に選ばれている馬は歴史的な名馬ばかりで、最近の馬で言うとジェンティルドンナやオルフェーヴル、ロードカナロアなどが殿堂入りしています。

騎手に関するニュースとして挙げられるのは、地方競馬所属の別府真衣騎手が休業するというニュースです。彼女は高知競馬に所属していて、6月30日をもってしばらくの間休業するようです。具体的な理由などは述べられていませんが、高知競馬&地方競馬を盛り上げてくれた騎手ですのでまた競馬場で見てみたいですよね。別府真衣騎手は実は競馬一家で、父は別府真司調教師、そして夫は高知競馬に所属している宮川実騎手です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>